SEMINAR REPORT (303)


May 2017

米国ワシントンDCの法律事務所Mots Lawより、創立者の米国弁護士 マービン・モッツエンボッカー博士と、同じく米国弁護士のフレデリック・ キム博士をお迎えして、下記の判決について話していただきます。
1. SCA Hygiene v. First Quality
最高裁の懈怠の防御を認めなかった判決
2. Life Techs Corp. v. Promega
最高裁が一つの重要部品の輸出を侵害と認めなかった判決
3. Secure Access
付与後手続きの対象となるビジネス方法とはなにか
4. Recognicorp. v. Nintendo
特許保護の対象
5. Aylus Networks
IPRの中で表明した見解によるディスクレーマー
6. Rembrandt Wireless
特許表示の問題
7. Helsinn Healthcare v. TEVA
販売による特許性の喪失
8. In Re. ATT
引用文献による新規性喪失

ぜひご参加ください。
  



日 時: 平成29年5月26日(金) 午後6時15分〜8時00分

講 師: Dr. Marvin Motsenbocker
(Partner, Mots Law, PLLC)

Dr. Frederick Kim
(Associates, Mots Law, PLLC)

会 場: AIPPI・JAPAN会議室
東京都港区虎ノ門1-14-1 郵政福祉琴平ビル4階
http://www.aippi.or.jp/access.html

参加費: インフォパット会員の方は無料です。
非会員の方は1回2,000円を頂戴いたします。
なお、セミナー後の懇親会は、会員非会員とも3,000円です。

テーマ: 1. SCA Hygiene v. First Quality
    Supreme Court case on laches.
2. Life Techs Corp. v. Promega
    Supreme Court case on 35 U.S.C. § 271(f)(1)
    (Export of one component of a patented combination.)
3. Secure Access
    Definition of covered business method patents from
    claim language.
4. Recognicorp. v. Nintendo
    Rule 101 case.
5. Aylus Networks
    Prosecution disclaimer from statements made during
    Inter Partes Review.
6. Rembrandt Wireless
    Short case review involving the marking requirement.
7. Helsinn Healthcare v. TEVA
    Short case review involving an on sale bar.
8. In Re. ATT
    Short case review involving anticipation by a
    reference.


備 考: この研修は、日本弁理士会の継続研修として申請中です。この研修を受講し、 所定の申請をすると、外部機関研修として1.5単位が認められる予定です。

参加ご希望の方は、下の連絡票にご記入の上、mail@infopat.org
ご連絡くださいますよう、お願いいたします。



連絡先
国際特許法務研究会 INFOPAT
TEL: 03-3508-9577
Website: http://www.infopat.org/
E-mail: mail@infopat.org





---PLACE---
AIPPI JAPAN

Yusei Fukushi Kotohira Bldg., 4th Floor
14-1, Toranomon 1-chome, Minato-ku
Tokyo 105-0001
TEL:03-3591-5301

(MAP Click!!) Japanese English