SEMINAR REPORT (307)


July 2018

米国ニューヨーク州の特許法律事務所Carter Deluca Farrell & Schmidt LLPより、米国弁護士のRobert P. Michal氏をお迎えして、インタビューを有効利用してOAの数を減らしてコストを下げる能動的な出願手続きの進め方と、ソフトウェア関連発明の特許性についてのアップートについてお話いただき ます。ぜひご参加ください。
  



日 時: 平成30年7月13日(金)
午後6時15分〜8時00分

講 師: Dr. Philippe J.C. Signore
(Managing Partner, Oblon, McClelland, Maier & Neustadt,L.L.P.)
会 場: !!!いつもと違います!!!
 弁理士会館地下1階AB会議室
東京都千代田区霞が関3-4-2 弁理士会館
https://shokokaikan.or.jp/access/index.html

参加費: インフォパット会員の方は無料です。
非会員の方は1回2,000円を頂戴いたします。
なお、セミナー後の懇親会は、会員非会員とも3,000円です。

テーマ: WesternGeco v. ION の最高裁判決について


備 考: この研修は、日本弁理士会の継続研修ではありません。

参加ご希望の方は、下の連絡票にご記入の上、mail@infopat.org
ご連絡くださいますよう、お願いいたします。



連絡先
国際特許法務研究会 INFOPAT
TEL: 03-3508-9577
Website: http://www.infopat.org/
E-mail: mail@infopat.org





---PLACE---
AIPPI JAPAN

Yusei Fukushi Kotohira Bldg., 4th Floor
14-1, Toranomon 1-chome, Minato-ku
Tokyo 105-0001
TEL:03-3591-5301

(MAP Click!!) Japanese English